最近読んだ本、「蹴りたい背中」

画像
綿矢りさ さんの、「蹴りたい背中」

やっぱ、「蛇にピアス」とセットで読んでおかないとね。

「ハツ」や「にな川」のそれぞれ違うけど、両方とも友達をうまく作れない感じが、なにか共感できます。
たしかに、先生はよく
「適当にグループになって」
とか
「好きなもの同士でグループを作りましょう」
とか、無神経に平気で言うよね。
 (やった!)と思う子と(・・やだな・・)と思う子とどっちが多いんだろう。
私は、時期によって両方経験ありますね・・・。

「オリチャン」オタクと言っていいほどのめり込んでいる「にな川」。
最後は大冒険でしたね。
懲りずに、オリチャン好きでいてほしいと願います。

私はよく(ああ、このアイドルっていいなぁ)と思っていても、偶然にイヤな面を見てしまったり、本音を聞いてしまったりすると、嫌いになってしまうことがあります。
バラエティ番組に出るとよく発見してしまいますね。
アイドルは気の小さい「オタク」の人たちこそが、人気の基盤だとおもいます。
だから、バラエティ番組で例えば
「オタクってキモイ」
なんて言うのはほとんど自殺行為と思うのです・・・。

ハツが背中を蹴りたいような欲望って・・。つまりは軽くS的なのかな?
ちょっとわからないでもないけど。

それにしても、「無印良品」という言葉が注釈も何もなく、小説に登場するような時代になったか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック