最近読んだ本「ビタミンF」

画像
重松清さんの「ビタミンF」

いくつかの短編集になっていて、それをあわせて、読者のビタミンに
なってくれれば、という意味の題だそうです。

短編は全て、子を持つ中年のパパとその家族の物語です。
すごいリアル。
それぞれけっしてハッピーエンドでもなく、完結しているわけでもなく・・
家庭にひそむ様々な問題をえぐりだすかのようです。

この主人公と同じ年代のパパさんたちには、頭の痛い話かな?
私にはまだまだ早いような気がします。

子どもの悩みについても、鋭い視点で書かれているので、教師の人
にも読むのをすすめてみたい本です。

ストーリー展開や、舞台、設定など、各話、韻を踏んだように形式的に
構成されているので、一気読みするよりは、毎日1話ずつとか、読んでいくのが
おすすめ。

おっと、直木賞受賞作品でした・・!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック