テーマとしてのいじめ

いじめが問題化していますね。
4代目スケバン刑事のテーマの1つにいじめが
取り上げれられているのに皮肉な事ですね。

20年前のあの時代も学校が荒れていましたが、サキたちのホームであった
鷹ノ羽学園も梁山高校も星流学園もちゃんとしていましたね。
すくなくとも、教師を信じられないということは無かった。

聖泉学園のあの腐り具合はなんでしょう?
「ウチにいじめは存在しない」
映画と同じこの台詞を
言っている学校や教委の報道を聞いて驚きです。

神田琴美や今野多英の背中を突き飛ばす
あの教師っていったい何なんだ??

話題の決め台詞に無かった物として、代紋より気になったのは
高校名と学年・クラスの名乗りが史上初めて無かった事です。

サキに聖泉は、母校としてなんて認められなかったのでしょうか。

次回作をやるなら、もう聖泉学園はイヤだな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 反日デモと戦争といじめと

    Excerpt: 心に残る出会いのエピソード 反日デモの報道を知って思ったのは結局ああゆう集団心理って戦争して いる人の心理と一緒なんじゃないだろうか?って事。 デモ中に暴動を起こして人や車を襲ったり.. Weblog: チロ・デ・チロリンタン racked: 2006-11-05 15:58