D-312E をセッティング(その2)

画像スタンドAS-1Eを手に入れたので
さっそく上に乗せてみます。

スタンドは7.2kgの金属製。
(底板は木製: 幅287mm、
奥行413mm、高さ584mm)

形がユニークです。
カタログには、脚部に適度な弾性を
持たせたということですから
揺らせるのが前提?なのでしょうね

スタンドって、硬い木製のイメージがあって
あまり振動してはいけない?ものだという
先入観があったので、どういう効果があるのか
興味津々です・・・

天板には薄い緩衝材が貼ってあって
そのままD-312Eを乗せてビスで2ヶ所
止めます

画像スタンド底板にはスパイクをつけること
ができて、振動対策ができます

せっかくなので使いたいから
スパイク受けも買ってきました
これも高価なのがいろいろあって
困った・・・
スパイク受けなんて何でもいいや

というわけで、一番安いTAOCの
PTS-4というものを買ってセット。

さて・・・・・音がどう変わったかというと・・・

これは差がわかりました。
ガンガン出ていた低音が丸くなったというか
どこかへ行った?というか・・・
スタンドに吸収されているのでしょうか?

前向きな言い方をすると
音が宙に浮いた感じ・・・
温かみのある低音
でも、ぼやっとしたわけではなく
歯切れのよい上品な低音・・・

いままで聞いていた低音は
いわゆるブーミーだったのか??
スピーカースタンドというものを
使うのは初めてなので
こういうものなのかしら??

ただ、スタンド高さが58cm、スピーカー
をのせると全高93cm。
ソファに座って聴くにはちょうどいい
高さですが、私は椅子なのでもうちょっと
高さがほしいなぁ・・・

またいろいろ位置変えなどをして
最適なポジションを探っていきます・・

(おまけ)
20cm×28cmの金属製の天板
が付属で付いていて
これはD-302用ですが、他社製
のスピーカーにインシュレーター
をつけて使用することもできそうです

スピーカー買い替え ONKYO D-312E

D-312E をセッティング(その1)

D-312E をセッティング(その2)

ORTOFON SPK-3900Q SILVER

D-312E をセッティング(その3)

ONKYO純正インシュレーター

D-312E をセッティング(その4)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • D-312E をセッティング(その3)

    Excerpt: D-312EにスタンドAS-1 を設置している環境です。 AS-1の説明書のとおり、スタンドの 天板に直接D-312Eを置いて ビス止めしていたのですが ELACのBS203Aの専用スタンド.. Weblog: colore arancione racked: 2007-07-16 12:40