桜の代紋を肉厚に (その5・完結?)

えー・・・好評連載中(ホンマか?)の「松浦版、戦闘後ヨーヨー」
いちおう完成の運びとなりましたので報告します。

ボコボコに削ったり溶かしたりした本体に
ウエザリングを施します。
本体の塗装を侵さないようにタミヤのエナメル塗料で
汚すことにします。色は焦茶、深緑、グレー系を使いました。
ねっ?こうすると使用感が出てるでしょ?
シャッター、代紋、円盤の塗装も済ませるとこんな感じになります。
画像

正面からみたところ。
代紋の乗っているシャッターの中央部分は写真では盛り上がって見えますが、
実際は平らになっています(平らに収めるのが大変だったんです・・)。
画像

輪っかの溝に「超小型LED点灯キット」がセットされています。
このキットはLR44型のボタン電池で2時間ほど点灯する
白色ダイオード4個のセットで、まさに今回の工作にピッタリでした。
未点灯時のダイオード部品の色が黄色なため
輪っかの溝に入れると少し目だってしまいます。
当初はクリアーブラックに塗装した透明のプラ版を
カバーに入れようと思っていましたが、ダイオードの明るさが
どんなものかわからなかったので入れませんでした。
でも点灯してみると・・・
画像

うおっまぶしい!!
充分な照度がありました。
ちなみに輪っかは高速回転しません・・・もちろん・・・
画像

いちおう、これで完成ということにします・・・・
まだまだ手を加えようと思えばいろいろありますが・・・・
とりあえずきたない配線を何とかしようかな・・・・

----これまでの経過----
桜の代紋を肉厚に (その1)

桜の代紋を肉厚に (その2)

桜の代紋を肉厚に (その3)

桜の代紋を肉厚に (その4)

桜の代紋を肉厚に (その5・完結?)

この記事へのコメント

2007年10月05日 11:39
●●さんコメント削除しておきました
またのご訪問お待ちしています

この記事へのトラックバック